予防歯科

予防歯科

10年後・20年後・・30年後・・・。生涯の健康を見据えた「口腔ケア」。それが定期管理型の予防歯科の考え方です。

むし歯や歯周病は、ある程度進行しないとハッキリとした自覚症状が出ません。

PMTC
Professional Mechanical Tooth Cleaning

PMTC

専門家(歯科医師・歯科衛生士)により専用の器械を使用して歯を磨き上げるという意味です。

お口の健康維持のため(虫歯や歯周病の予防)、プラークが付着しにくい環境を作ることを目的とした処置です。

口腔内にはバイオフィルムといって、うがいや水洗、簡単なブラッシングでは除去できない細菌の住みかがあります。

当医院では、プロフェッショナルケアとしてメンテナンス時にPMTCを行っております。

PMTCの効果

PMTCの効用は主に下記4点になります。

  • 歯質の強化
  • むし歯の予防
  • 歯周病、歯肉炎の改善・予防
  • 審美性の向上

処置の流れ

  1. 専用の器具で、フッ素配合のペーストを用いて研磨していきます。
    ※ただし、歯石がついている場合は歯石取りが先になります。
  2. ハブラシでは行き届かない、歯肉の溝の中のプラークを超音波にて除去していきます。
  3. 最後に歯肉の溝の中を殺菌、消毒効果がある薬液にて洗浄していきます。

歯の表面に着色があって気になる方

歯の表面に着色があって気になる方

タバコのヤニ、コーヒー、お茶などのステインは、そのままにしておくとプラークの付着しやすい環境となります。

これらもPMTCをすることよって歯の表面が滑沢になり、プラークの付着しにくい歯になり、見た目もきれいにすることができます。場合によっては、ワントーンくらいは歯が白くなる場合もあります。

ここで注意していただきたいのですが、ホワイトニングとは違いますので、自分の本来の歯の白さ以上に白くなるというわけではありません!

市販されている着色研磨用の器具がありますが、使い方次第では補綴物(陶歯など)や歯肉を傷つける可能性があります。歯科医院でプロフェッショナルケア、PMTCをすることをお勧めします。

PMTCは歯石取りとは違いますので、歯石が付いている場合は歯石取りが先です。PMTCをする前は、お口の中の検査を行います。処置を行う時期や内容はお口の中の状態によっても違います。

PMTCを定期的に行うことによって、口腔内の健康を維持しましょう。

Q&A

Q1:
時間がたつと自然に、むし歯は治るのでしょうか?

A1:
いいえ、風邪や、けがのように、時間の経過で自然治癒はほとんど期待できません。
仕方なく削って、詰めたりかぶせたりして、きちんとかめる状態を作る必要があります

では、どうすれば削らずにすむの?:
まず歯が生えたらしっかり磨いて、なるべく早めに予防処置をしましょう。生えたの歯は、柔らかく歯質も未成熟です。

Q2:
歯は、年をとると自然に抜けるのでしょうか?

A2:
いいえ、多くは歯周病になって、抜かざるを得なくなってしまうのです。

では、どうすれば抜かなくてすむの?:
普段のブラッシングでは落としきれない、プラークや歯石の中の歯周病菌が巣を作らないように、定期的にクリーニング・歯磨きチェックがかかせません。

ページトップ

初めての方へ

初めての方へ

初めての方は
こちらをご覧ください。

初めての方はこちら

院内ツアー

院内ツアー

院内の写真を掲載しております。

院内ツアーはこちら

求人情報

求人情報

歯科医師を絶賛募集中です!!

歯科医師

歯科衛生士

歯科技工士

歯科助手

保育士

アクセスマップ
トップページ7つの特徴スタッフ初診の流れ診療科目クリニック料金表アクセスブログお知らせ求人情報