矯正歯科

矯正歯科

矯正歯科とは、悪い歯並びをキレイに戻して、しっかりと噛めるように治してあげることです。矯正装置を使って歯や顎に力をかけて、時間をかけてゆっくりと歯を動かしていきます。

不正咬合の種類

不正咬合とは、上下の歯の噛み合わせが正しい位置からずれてしまっている状態のことを言います。具体的には以下のようなものがあります。

上顎前突

上顎前突

いわゆる“出っ歯”のことです。上顎前突には2パターンあります。上の顎が前に出ている「上顎前突症」と、下の顎が後ろに下がっている「下顎後退症」です。

反対咬合

反対咬合

いわゆる“受け口”のことです。通常の歯並びでは、下顎は上顎より後ろの位置にあります。しかし反対咬合では逆になり、下顎が上顎よりも前に出てしまいます。

開咬

開咬

上下の前歯が全く噛み合わない状態のことです。主な原因は、指しゃぶりや舌を前に出す癖にあります。

過蓋咬合

過蓋咬合

上下の歯を噛み合わせた時に、上の歯が下の歯を覆っている状態のことです。噛み合わせが深いため下の歯がほとんど見えません。

交叉咬合

交叉咬合

上顎と下顎の奥歯の噛み合わせが、横にずれてしまった状態です。多くの場合、顔のゆがみも見られます。

叢生

叢生

“乱杭歯”や“八重歯”などとも言われます。 顎が小さかったり、逆に歯が大きいために、すべての歯が並ぶスペースがなく、前後にずれて生えてくる状態のことです。

空隙歯列

空隙歯列

いわゆる“すきっ歯”のことです。歯に対して顎が大きかったり、逆に歯が小さかったり本数が足りなかったりして、歯と歯の間に隙間が出来てしまいます。

不正咬合のデメリット

不正咬合にはどんなデメリットがあるのでしょうか?下記が代表的なデメリットです。

  • 食べ物がよく噛めないため、胃腸に負担がかかる
  • 歯磨きしづらいため、むし歯や歯周病になりやすい
  • 口臭が出やすい
  • 滑舌が悪くなる
  • 顎関節に負担がかかる
  • 見た目の美しさに欠ける
  • 噛み合わせが安定しないため、集中しづらい

不正咬合の治療法

ワイヤー

ワイヤー矯正は、最もスタンダードな矯正方法です。歯に「ブラケット」という機械をつけてからワイヤーを通し、少しずつ歯を動かしていく方法です。ブラケットは金属タイプのものと、目立ちにくいセラミックタイプのものがあります。

裏側矯正(リンガルブラケット)

裏側矯正は、ブラケットやワイヤーなどの装置を歯の裏側につけて矯正していくことです。外からは見えないのが最大の特徴です。しかし、違和感がかなりあることと、治療期間が比較的長くなりやすいです。

マウスピース矯正

「アライナー」という、マウスピースを使って矯正していく方法です。個人差がありますが、基本的に2週間に1回新しいアライナーをつけて、徐々に歯を動かしていきます。取り外しができるのが最大の特徴ですが、適応される症例が限られています。

ページトップ

初めての方へ

初めての方へ

初めての方は
こちらをご覧ください。

初めての方はこちら

院内ツアー

院内ツアー

院内の写真を掲載しております。

院内ツアーはこちら

求人情報

求人情報

歯科医師を絶賛募集中です!!

歯科医師

歯科衛生士

歯科技工士

歯科助手

保育士

アクセスマップ
トップページ7つの特徴スタッフ初診の流れ診療科目クリニック料金表アクセスブログお知らせ求人情報